読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【戦国炎舞】世界一ふけたい授業

戦国炎舞に関する記事を投稿しますが、半分以上ふざけてるのでふけましょう。

勇往邁進 獅子奮迅

■好みの連合発見


「参加2以上。やる気ある人募集。」


なんという魅惑的な言葉...


私が1000勇くらいの連合に所属していた時の話ですが、通常もイベも本当に参戦率が悪く、
通常では空コンボを叩き続けるという日常が当たり前の時がありました。


合戦参加率は合戦イベ含めて非常に悪く、琵琶や黄金の茶碗タイムは参加率が非常に高い...
そういう連合です。


英傑時は合戦中に英傑走ってる人も大勢いて、ラストか最初にチョロっと現れて終わり。
ステも高いし、良スキル/奥義もあるのに合戦には来ない。
「あなたのデッキは何のためにあるのでしょうか?」と聞きたくなるような人が多かったです。


良カードをただ集めるという事で楽しんいる人を、私は「コレクター」と呼んでいました。
それはそれで楽しみ方の一つなのだと思いますが...
合戦が全く面白くなくなってしまうので、一緒の連合ではやりたくありませんでした。


流石に嫌気が差し始めて、様々な連合を巡っていきましたが...
500勇くらいまではそんなに変わりありませんでした。


そういう環境にずっといたので「参加2以上。やる気ある人募集。」という言葉は本当に魅力的。
全員参加2以上なんて夢のような連合です。
という事で、軍略期間はその連合にお邪魔する事になりました。


盟主様
「7人しかいないけど、これで軍略乗り切るから。あと百万石やってみる。」


報酬は二の次で、ゲームは楽しめるれば何でもOKな私にとっては魅惑的な連合...
打診したところOKをいただきましたので、軍略はこの連合様と一緒にやらせていただくことになりました。

 

■2名増員で軍略開始


7人でいくのかと思いましたが、土壇場で2名増員となり9名になりました。
7人も9人も、20人に未達の状態なので少ない状態に変わりはないですが...
それでも前後共に忙しそうだったので、本当に楽しそうでワクワクしていました。


■初戦~上下マッチングまで


9人連合のため、初戦のマッチングはほぼ無人の連合相手でした。
勝ちはしましたが、計略で稼ぐしかなかったため、ポイントが20億くらいで30億に届かず...
火計も積んでいなかったため、前衛最下位でした...


次戦からは無人ではない連合相手でした。
軍師が「初手は兵法にします。次は何が来ようが因果。」っていう方で最高でした。
「とりあえず、奥義に迷ったら因果」ってくらい因果を多用する素晴らしいスタイルで、とにかく前後共に大忙し!!
格下相手にも接待負けはありませんでしたし格上であろうが、とにかく強気でいきました。


結果的に格上連合相手でも全てに勝利して、
「3位」という身の程知らずな順位で上下マッチングを迎えました。


■初戦~上下マッチングまでの戦い方


前述しましたが、とにかく「因果」でポイントを稼ぎます。
こちらが「因果」出しても相手が合わせずにコンボ積んでいようが、こちらの攻撃は2倍になるのでガンガンいきます。
因果を合わせの時、ものを言うのがポイントを稼げるかどうかの「火力」になってきます。


火力を決めるのは強スキルとなってきますが、連合メンバーは五方や烈破、勇猛は正直少なかったです。
ですが、とにかく敵中は充実していました。
(私は小隊長付き以外の敵中は積まないので、この時に3発しかありませんでしたが...)


そうなると、玉砕からの敵中突破が決め手になりますが...
これが面白いほどに良く決まりました。


その理由として、お互い人数が少ないので「弓」がほとんど飛んできません。
玉潰しとなると必殺がほとんどになってきますが、人数が少ないので必殺ゲージもあまり伸びず、玉が潰れません。
そのため、玉砕からの敵中突破が面白いほどに決まります。
前衛MVPの常連は、ステが一番低いけど敵中突破の数が一番多い方でした。


次に、お互い人数が少ないので下げも少ないです。
とにかく上げておけば常時ムキムキで戦えます。


部隊編成は、攻撃と補助に9人を割り振りした後はランダムで決まります。
11:45頃にランダム編成が決まりますが、4戦全部前という方がいたり、前が1戦のみという人もいました。
私は前が1戦のみというのが多く、応援ばっかりしていました。


ここまで聞くと「参加率さえ良ければ面白そう」って思いますが、
人数が少ないが故に困る点があります。
それが「奥義」です。


「因果」持ちと「孔明・兵法」持ちが同一人物だった場合とか、ラストの「侘び」と「因果」両方持ちだったりすると、
「因果入れたからラスト侘びない」とか「因果入れたから孔明ない」とかいう事態が起こります。
人数が少ないために、奥義のやりくりはかなり不便でした。


■上下マッチングの戦い方


「とにかく30億取る」


3位とはいえ、9人連合です。
上下は20人連合&格上で、人数だけでなくステもスキルも全て上という連合相手でした。


初戦はとても有名な連合様で、こちらはひたすら因果を連発して、最後まで寝ないで戦いました。
相手の連合様も全て因果で来てくれましたが、こちらは人数が少ない上に因果持ちが4人しかいなかったため、
ラストは因果入れられませんでした...


大体1000億対80億という大差で負けました。
あれでもきっと本気じゃないと思いますが、接待するというよりもとにかく打ち合うという感じでした。


上下マッチングでおもしろい戦いが出来たのはここまでで...
それ以降は五十勇や百勇だったはずなのに、コン切り、四面、寝て稼がせないなどが多かったですね。


結果220位でフィニッシュしました。
ラスト上下マッチングの6戦は全て敗北。
(まぁ、当たり前ですが...)


応援に攻撃に忙しい軍略でしたが、本当に楽しめたと思います。


これは余談ですが、軍略の真っ最中に「連合に入れて下さい」って方が結構来てました。
「順位も高いし、枠が空いてるから美味しい思いをしたい」って方が打診してきていたんでしょうねー。
ステも200万越えの方々でしたが、盟主様は全てお断りしていました。


20名フルの連合よりも、10名くらいの連合であれば同数の連合とマッチングされます。
少ない連合同士で戦うと、弓の数も少ないので強打をお互い打ち合えます。
影少ない方で、強打の応酬をしたい方にはオススメです。